トヨタ・新型シエンタがKINTOで登場〜月額2万円台から!〜

トヨタから新型シエンタが発表されました。
旧型シエンタは結構個性的な顔のミニバンでしたが、今度はツール感のあるデザインが魅力。
ルノー・カングーなんかを意識していてかっこいいです。

合わせて、KINTOからもプランが出てきました。

シエンタは人気車。
ということは、リセールバリュー(売る時の価格)が期待できるので、好条件で乗り出せます。
KINTOなら全部込みなので、追加の出費の心配がなく、安心して乗れます。

目次

KINTOとは

トヨタの新車を毎月コミコミの定額で利用できるサービス。

初期費用フリープラン:初期費用0円、3年/5年/7年から選べる
解約金フリープラン:利用期間がフレキシブル。短期間でも安心の解約金0円

がありますが、乗り出しやすいのは初期費用フリープラン
初期費用フリープランでも、解約金を払えば返却できるので、不測の事態にも対応出来ます。

特徴は以下の通りです

特徴①WEBで一括契約可能。頭金0、車検、税金や任意保険料もコミコミの月々定額

自動車を購入する際には販売店に行って交渉して契約。
任意保険は別ですので、販売店で契約するかネットなどで探して契約と、とにかく煩雑。

KINTOなら、WEBで契約して書類を郵送すれば販売店で受け取るだけ。楽ちんです。

また、車検、税金、任意保険料も毎月の金額に含まれているので、急な出費がありません。

車検や点検でディーラーに出すか整備工場に出すか、いくらかかるか心配、、、
なんてことも考える必要はありません。
トヨタから連絡が来て車を出すだけです。

特徴②保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき

免許取り立てで新車を購入。それも事故率の高い(=保険料率の高い)車を買うと、任意保険料はかなりの高額に!

KINTOなら、どの年齢の人が契約しても月々の金額は一緒。

21歳未満なら、KINTOが確実に安いでしょう。

特徴③3年/5年/7年という決められた期間で乗り換えが可

現金で購入して乗り潰すのが一番安いです。

しかし、年月の経過とともにライフサイクルが変わります。

独身〜結婚したくらいまではコンパクトカー。
子どもが生まれたらスライドドアのミニバン。
子どもが大きくなったらSUV。

など。その時々にあった車を選べるのは魅力です。

新型シエンタの特徴

シエンタは2003年にデビューしたコンパクトミニバンで、今回が3代目。
コンパクトなボディサイズに広々室内と7人乗車のミニバンの利便性をプラスしたことが特徴。

新型シエンタは「扱いやすいサイズ」「最新の安全・安心装備」「低燃費」、「お求めやすい価格」という特徴はそのまま。
その上で、「使い勝手の良い室内空間」を磨き上げています。

トヨタ自動車公式サイトより
トヨタ自動車公式サイトより

特徴は以下の通り。(プレスリリースより)

  • 様々なシーンで気兼ねなく使えるツール感溢れたデザイン
  • たくさんの工夫が凝らされた使い勝手の良い室内空間
  • 「安全・安心」「快適・便利」な先進装備
  • 地球にやさしい磨き抜かれた基本性能
  • ライフスタイルに合った使い方を賢く選択できる多彩な販売店装着オプション

実際の支払額は?

KINTOで乗った場合の月々の支払額です。
若干ですが、初期費用フリープランの方がお得な設定になります。

初期費用フリープランの場合

G GAS 1.5L 2WD(5人)の場合(車両価格: 2,300,000円/税込)

スクロールできます
ボーナス有無3年5年7年
ボーナスなし48,950円/月45,540円/月43,010円/月
ボーナス払い(110,000円/年2回)30,580円/月27,170円/月24,640円/月
総額(ボーナス有りの場合)※無しも大差なし1,760,880円2,730,200円3,609,760円

Z HEV 1.5L 2WD(7人)の場合(車両価格: 2,910,000円/税込)

ボーナス有無3年5年7年
ボーナスなし56,650円/月52,250円/月49,170円/月
ボーナス払い(110,000円/年2回)38,280円/月33,880円/月30,800円/月
総額(ボーナス有りの場合)※無しも大差なし2,038,080円3,132,800円4,127,200円

解約金フリープランの場合

G GAS 1.5L 2WD(5人)の場合(車両価格: 2,300,000円/税込)

ボーナス有無3年
申込金242,990円
ボーナスなし43,560円/月
総額1,811,150円

Z HEV 1.5L 2WD(7人)の場合(車両価格: 2,910,000円/税込)

ボーナス有無3年
申込金282,370円
ボーナスなし50,380円/月
総額2,096,050円

こんな人にオススメ〜小さな子どものいる世代〜

シエンタはミニバンのエントリーにピッタリ。
小さい子どもがいると、載せ下ろしにスライドドアが便利。
そして、子どもが自分で開閉できるようになっても、隣の車にぶつからないので安全です。

子どもが大きくなったら、より大きなミニバンであるノアやアルファードに乗り換えるもよし。
大人数で出かけるのでなければ、ハリアーなどのSUVにステップアップするのもよし。
ですので、5年や7年限定で、税金や保険など込み込みで乗りっぱなしにできるKINTOは大変オススメです。

まとめ

トヨタの新型シエンタを取り上げました。

流行りのSUVの匂いがするワイルドなデザインで、人気が出そうですね。
小さなミニバンは、ひょっとしたら短い期間しか乗らないことも考えられます。
それを考えると、KINTOで乗るのはオススメです。

KINTOの関連記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる