KINTOで選ぶ!得な車と損な車

前回書いたKINTOの記事。

あわせて読みたい
若い人や海外赴任の可能性がある人に特にオススメ!月々4万円台で新車に乗れる車サブスク KINTO 私自身は今まで9台乗り継いで来ています。 KINTOのサービス内容を見ていて、「任意保険の高い若い人しかメリットがないな」と思っていましたが、マイカーの法定点検が続...

トヨタのラインナップの中で、お得な車と損な車を発見。

私がこっそり教えちゃいます。

目次

KINTOとは

トヨタの新車を毎月コミコミの定額で利用できるサービス。

特徴は以下の通りです

■WEBで一括契約可能。頭金0、車検、税金や任意保険料もコミコミの月々定額

自動車を購入する際には販売店に行って交渉して契約。任意保険は別ですので、販売店で契約するかネットなどで探して契約と、とにかく煩雑。

KINTOなら、WEBで契約して書類を郵送すれば販売店で受け取るだけですので、楽ちんです。

また、車検、税金、任意保険料も毎月の金額に含まれているので、急な出費がありません。

車検や点検でディーラーに出すか整備工場に出すか。いくらかかるか心配、、、なんてことも考える必要はありません。トヨタから連絡が来て車を出すだけです。

トヨタのディーラーは信頼感と高級感がありますね。

■保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき

免許取り立てで新車を購入。それも事故率の高い(=保険料率の高い)車を買うと、任意保険料はかなりの高額に!

KINTOなら、どの年齢の人が契約しても月々の金額は一緒。

21歳未満なら、KINTOが確実に安いでしょう。

■3年/5年/7年という決められた期間で乗り換えが可能

現金で購入して乗り潰すのが一番安いです。

しかし、年月の経過とともにライフサイクルが変わります。

独身〜結婚したくらいまではコンパクトカー。

子どもが生まれたらスライドドアのミニバン。

子どもが大きくなったらSUV。

など。その時々にあった車を選べるのは魅力です。

得な車/損な車?

KINTOのサイトを眺めていると気づきました。

車両価格と月々の支払いが比例していないのです。

これは二つのカラクリがあります。

一つはリセールバリュー。中古車になったときに人気車は高く売れるので、KINTOの支払額にも影響します。

もう一つは任意保険料。任意保険料も込みですので、保険料率の高い車は不利になります。

どういう計算式で支払い金額を

それでは得な車と損な車の一例を挙げていきます。

得な車/損な車①カローラとカローラツーリング

カローラツーリングの方がお得です。

カローラ S HV 1.8L: 52,250円(新車価格: 2,574,000円)

カローラツーリング S HV 1.8L: 53,350円(新車価格: 2,651,000円)

(条件は3年/ボーナス払いなし/35歳以上、以下同じ)

新車価格で77,000円の差がある両車ですが、36回払いのKINTOでの差は39,600円。

37,400円、カローラツーリングがお得に乗れる計算です。

ただ、購入して売却する場合はカローラツーリングの方が断然高く売れることが予想されますので(セダンは比較的人気ない)、セダンに乗りたいなら積極的にKINTOを選択するという選択肢はあります。

得な車/損な車② ヤリスとヤリスクロス

断然ヤリスクロスの方がお得です。

ヤリス G GAS 1.5L 2WD: 44,550円(新車価格: 1,773,000円)

ヤリスクロス G GAS 1.5L 2WD: 44,550円(新車価格: 2,020,000円)

車両価格では25万円差があるのですが、KINTOだと月々の支払額は同じ!

これはヤリスクロスを選ばないと損というか、ヤリスクロスのお買い得感が際立っていますね。

得な車/損な車③ クラウンとアルファード

予想通りですがアルファードの方がお得です。

クラウン RS HV 2.5L 2WD: 98,340円(新車価格: 5,319,000円)

アルファード SR”C パッケージ” HV 2.5L 4WD: 94,600円(新車価格: 5,720,000円)

車両価格では40万円差があるのですが、KINTOだと月々の支払額3,740円安いです!

アルファードはガソリン車なら73,700円からありますので、法人向けに良さそうですね。

不人気色を選んでも料金は変わらない

ここは大事なポイントです。

リセールバリューがKINTOの料金に影響することは前段で説明しました。

ただ、色については有償色がオプション価格として上乗せされるだけ。

一般的にリセールが高くなる白や黒でも、不人気色でも、支払額は変わらないのです。

購入した場合、例えばアルファードだと人気の白と、不人気の赤とのリセールバリューの差は数十万にもなります。

ですので、不人気色の車に乗りたいという場合は、KINTOを選ぶとお得になります。トヨタは嬉しくないでしょうが。

その辺りも考慮してか、ちょっと前にホワイトパールの追加費用を無料にするキャンペーンを出していました。

これは消費者ではなく、トヨタが得をする施策だったんですね。

まとめ

KINTOで選んだ場合のお得な車、損な車をまとめてみました。

流行りのミニバンやSUVの方が、セダンやコンパクトカーよりリセールバリューが高い分、お得です。

ただ、お得かどうかだけで決まらないのが車選び。

同じ値段を払うなら、高い車を選ぶ方が満足度は高いように見えます。

しかし、自分の気に入った一台を選ぶと、一番幸せになれる。そう思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる