新型アクア 早くもKINTOで登場 ヤリスと比べてどちらが得?

初代発売以来、187万台以上が販売され大人気車種「アクア」が新型になりました。

今まで何度かKINTOのお得さをお伝えしていますが、アクアとKINTOの相性はピッタリなのです。

同じコンパクトカーのヤリスと比較し、装備は充実、値段は安い。

デザインも落ち着いていて、安心感がありますね。

目次

KINTOとは

トヨタの新車を毎月コミコミの定額で利用できるサービス。

特徴は以下の通りです

■WEBで一括契約可能。頭金0、車検、税金や任意保険料もコミコミの月々定額

自動車を購入する際には販売店に行って交渉して契約。任意保険は別ですので、販売店で契約するかネットなどで探して契約と、とにかく煩雑。

KINTOなら、WEBで契約して書類を郵送すれば販売店で受け取るだけですので、楽ちんです。

また、車検、税金、任意保険料も毎月の金額に含まれているので、急な出費がありません。

車検や点検でディーラーに出すか整備工場に出すか。いくらかかるか心配、、、なんてことも考える必要はありません。トヨタから連絡が来て車を出すだけです。

トヨタディーラーは高級感と安心感があります

■保険等級や運転者の年齢を問わない自動車保険つき

免許取り立てで新車を購入。それも事故率の高い(=保険料率の高い)車を買うと、任意保険料はかなりの高額に!

KINTOなら、どの年齢の人が契約しても月々の金額は一緒。

21歳未満なら、KINTOが確実に安いでしょう。

■3年/5年/7年という決められた期間で乗り換えが可能

現金で購入して乗り潰すのが一番安いです。

しかし、年月の経過とともにライフサイクルが変わります。

独身〜結婚したくらいまではコンパクトカー。

子どもが生まれたらスライドドアのミニバン。

子どもが大きくなったらSUV。

など。その時々にあった車を選べるのは魅力です。

新型アクアの特徴

トヨタの人気車種ですから、内容充実のモデルチェンジです。

トヨタ自動車公式サイトより

ポイントは以下の通り。

・旧モデルよりも約20%燃費を向上、35.8km/L達成!

・トヨタ最新安全技術、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems、先進運転支援システム搭載

・Toyota Safety Senceを全車標準装備。トヨタ初となるパーキングサポートブレーキ。

・災害時に役立つ「非常時給電システム」を全車標準装備

・先代のアクアに比べて全高が+30mm、ホイールベースが+50mm。室内、荷室空間が向上!

アクアのユーザーは幅広く、営業者が三割の他、シニアにも人気ですので、安全性の向上はかなり魅力的です。

たくさん数が売れる量産車に安全装備を惜しむことなく投入するトヨタの姿勢は支持したいですね。

新型アクア KINTOで乗ると

KINTOで乗った場合の月々の支払額です。

アクア X (新車価格: 2,090,000円)

・契約期間3年/ボーナス払いなし: 47,080円(総額: 1,694,880円)

・契約期間7年/ボーナス払い110,000円: 19,580円(総額: 3,184,720円)

アクア Z (新車価格: 2,598,000円)

・契約期間3年/ボーナス払いなし: 52,250円(総額: 1,881,000円)

・契約期間7年/ボーナス払い110,000円: 23,430円(総額: 3,508,120円)

考え方ですが、50万円高いグレードを3年間なら20万円差、7年間なら30万円超の差で乗れるのでZがお得なよう気がしました。

アクアの場合はオプションカラー(パールホワイト)はずっと無料(33,000円相当)。

パーキングサポートブレーキは2021年12月27日(月)13:30までの申し込み分まで無料(28,600円相当)。

かなり力を入れて売っていますね。

アクア vs ヤリスハイブリッド お得なのはどっち?

同じクラスにヤリスがあります。

似た車に見えますが、表で比較するとこうなります。

アクア Xヤリス ハイブリッド X
サイズ(全長x全幅x全高)4,050mm×1,695mm×1,485mm3,940mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,600mm2,550mm
燃費(WLTCモード)34.6km/L36.0 km/L
重量1,120kg1,050kg
価格2,090,000円1,998,000円
アクアとヤリスの比較

アクアは110mm全長が長く、ホイールベースも50mm長い。室内空間がより広いことが数字から見てもわかります。

一方、燃費はヤリスの方がいいです。70kg軽いことが効いているのでしょう。

装備は似た価格であるXグレードで比較すると、アクアが優位。

LEDヘッドランプ、非常時給電システム付きアクセサリーコンセントがつきます。

92,000円の差は装備だけでも十分元が取れますが、車内の広さに価値を感じるのであれば、さらにアクアがお得ということになります。

KINTOなら圧倒的にアクアがお得

車両価格では92,000円の差のあったアクアとヤリスですが、KINTOではどうでしょう?

2つのグレードで比較してみます。

まずはXグレード。

何と、車両価格では92,000円高かったアクアが逆転して安い。3年ボーナスなしで5万円弱ですが、7年ボーナスありだと35万円の差に!

アクア Xヤリス ハイブリッド X
車両価格2,090,000円1,998,000円
KINTO 3年(ボーナスなし)月々47,080円(総額: 1,694,880円)月々48,400円(総額: 1,742,400円)
KINTO 7年(ボーナス110,000円)月々19,580円(総額: 3,184,720円)月々23,760円(総額: 3,535,840円)

次にZグレード。

車両価格はこちらもアクアが76,000円高いです。

KINTOにするとこちらもアクアが安いという逆転現象が起こり、3年では3万円の差、7年ボーナスありだと39万円もの大差になります。

アクア Zヤリス ハイブリッド Z
車両価格2,400,000円2,324,000円
KINTO 3年(ボーナスなし)月々52,250円(総額: 1,881,000円)月々53,130円(総額: 1,912,680円)
KINTO 7年(ボーナス110,000円)月々23,430円(総額: 3,508,120円)月々28,050円(総額: 3,896,200円)

グレードを並べたのには訳があって、7年ボーナスありだとアクア Zの方がヤリス Xより安いのです!40万円の価格差を逆転するのは衝撃ですね。

グレードは好みですし、お得度の差はありませんが、KINTOで乗るならヤリスよりもアクアの方が圧倒的にお得だということはわかっていただけたでしょう。

まとめ

大人気になること間違いなしの新型アクアを取り上げてみました。

装備は充実。値段は安くはないですが、KINTOを選べばヤリスよりもかなりお得ということで、積極的にお勧めできます。

私も一度乗ってみたいですね。現時点では最強の実用車だと思います。

KINTOの関連記事はこちら

あわせて読みたい
若い人や海外赴任の可能性がある人に特にオススメ!月々4万円台で新車に乗れる車サブスク KINTO 私自身は今まで9台乗り継いで来ています。 KINTOのサービス内容を見ていて、「任意保険の高い若い人しかメリットがないな」と思っていましたが、マイカーの法定点検が続...
あわせて読みたい
KINTOで選ぶ!得な車と損な車 前回書いたKINTOの記事。 https://happy-campers.net/kinto/ トヨタのラインナップの中で、お得な車と損な車を発見。 私がこっそり教えちゃいます。 【】 トヨタの新車...
あわせて読みたい
KINTOで選ぶ!ハイブリッド/ガソリンどちらが得? KINTOの記事が好評です。(ありがとうございます) https://happy-campers.net/kinto/ https://happy-campers.net/kinto-2/ Kintoでお得な車はわかった。 同じ車種の中で...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる