ジャパンキャンピングカーショー2022注目モデル キャブコン編

全体の話はこちらで書いております。

あわせて読みたい
ジャパンキャンピングカーショー2022注目の5台! 2/10の初日に行ってきました。コロナが増えているからか、空きブースがちらほらあり、ちょっと寂しい印象。 平日であるだけでなく、関東地方は大雪予報。かなりお客さん...

今回はキャブコンに絞った注目モデルをご紹介。

初めての方は、こちらを読んでいただいて、キャブコンの特徴を理解していただいておくといいと思います。

失敗しないキャンピングカー選び⑤キャブコンの特徴とおすすめしたい人

目次

①最後の旧型カムロードベースも!東和モータース・ヴォーン(WORN)

今回がお披露目だった東和モータース・新型ヴォーン。
製作はナッツRVが行っていますが、独自のシェル/内装を持っています。

今回、カムロードの新型切り替えに合わせてモデルチェンジをしてきていますが、注目は旧型カムロードベースが残ること。
どのくらい在庫があるのかわかりませんが、最新型を安く味わえる絶好のチャンスなので、おすすめですね。

新作のシェルで特に気に入ったのがリアスタイル。
テールランプは欧州車と共通部品で、切れ長でカッコいい。
リアスタイルがカッコいいキャンピングカーが好きです。

メカ的には、ナッツと同じ。
ということは、ハイパーエボリューションNeoが採用されているモデルもあります。
高価にはなりますが、リチウムとそれに見合った充電システムですので、電気の心配事が少なくなり、おすすめです。
展示車、1,100万円超えでちょっと引きましたが。。。

旧型カムロードベースであれば、ハイパーエボでも1000万円切れるかも知れないですね。

内装は年々垢抜けてきているというか(失礼)おしゃれになってきています。
私が今キャブコンを選ぶのであれば、かなり有力候補に上がりそうですね。

①最後の旧型カムロードベースも!東和モータース・ヴォーン(WORN)

今回がお披露目だった東和モータース・新型ヴォーン。
製作はナッツRVが行っていますが、独自のシェル/内装を持っています。

今回、カムロードの新型切り替えに合わせてモデルチェンジをしてきていますが、注目は旧型カムロードベースが残ること。
どのくらい在庫があるのかわかりませんが、最新型を安く味わえる絶好のチャンスなので、おすすめですね。

新作のシェルで特に気に入ったのがリアスタイル。
テールランプは欧州車と共通部品で、切れ長でカッコいい。
リアスタイルがカッコいいキャンピングカーが好きです。

メカ的には、ナッツと同じ。
ということは、ハイパーエボリューションNeoが採用されているモデルもあります。
高価にはなりますが、リチウムとそれに見合った充電システムですので、電気の心配事が少なくなり、おすすめです。
展示車、1,100万円超えでちょっと引きましたが。。。

旧型カムロードベースであれば、ハイパーエボでも1000万円切れるかも知れないですね。

内装は年々垢抜けてきているというか(失礼)おしゃれになってきています。
私が今キャブコンを選ぶのであれば、かなり有力候補に上がりそうですね。

ヴォーン(WORN) R2B
テールがかっこいい
白とグレーのシートがいいですね

②ハイパーエボリューションNeoに進化したナッツ・クレア(CREA)

ナッツRVも、新型カムロードに合わせて新型に切り替えてきました。
こちらは、シェルは変更なさそうですが、ナッツ名物のフロントフェイスは新作になっています
バンパーにセンサーがついたので、従来型が使えないんですね。

この新しい顔、どうです?
かなりガンダム顔というか、大胆で派手な顔にしてきました。
これは好みが分かれますが、この顔を見た後に通常の顔を見ると物足りなくなってきます。

ハイパーエボリューションはさらに進化。
リチウムを使うのと、充電時間が短いので、キャブコンの中ではNo.1でしょう。
かなり値は張りますが、その価値はあります。

また、今回は制御を変更したとのこと。
従来型は充電が強すぎて車両側のバッテリーまで取ってしまったらしいのですが、今回はマイルドなセッティングにしたとのこと。
車両のバッテリーが上がったら元も子もないですからね。
日々進化しているシステムを味わう楽しみがある、クレアです。

②ハイパーエボリューションNeoに進化したナッツ・クレア(CREA)

ナッツRVも、新型カムロードに合わせて新型に切り替えてきました。
こちらは、シェルは変更なさそうですが、ナッツ名物のフロントフェイスは新作になっています
バンパーにセンサーがついたので、従来型が使えないんですね。

この新しい顔、どうです?
かなりガンダム顔というか、大胆で派手な顔にしてきました。
これは好みが分かれますが、この顔を見た後に通常の顔を見ると物足りなくなってきます。

ハイパーエボリューションはさらに進化。
リチウムを使うのと、充電時間が短いので、キャブコンの中ではNo.1でしょう。
かなり値は張りますが、その価値はあります。

また、今回は制御を変更したとのこと。
従来型は充電が強すぎて車両側のバッテリーまで取ってしまったらしいのですが、今回はマイルドなセッティングにしたとのこと。
車両のバッテリーが上がったら元も子もないですからね。
日々進化しているシステムを味わう楽しみがある、クレアです。

新型クレア
派手な顔
内装は落ち着いています

③全長短めのエートゥーゼット(A to Z)・アンソニーライト

A to Zと言えば、名車ボンゴをベースとしたアミティが売れ筋でした。
そんなアミティは、ボンゴの生産終了と同時に消滅。
昨年のショーでは在庫車を売っていましたが、今年は影も形も無くなってしまいました。

代わりのライトキャブコンはタウンエースベース隣、ちょっとキャパ不足。
そんなアミティの穴を埋めるべく(?)、カムロードベースのショートボディ、アンソニーライトを投入してきました。

特徴的なのはボディの短さ。
なんとライトキャブコンのアミティよりも全長は短いんです。

アンソニーライトアンソニーアミティ
全長(mm)4,6304,9804,690
全幅(mm)1,9951,9101,950
全高(mm)2,8102,8502,770
価格646,8万円〜690.8万円〜437.8万円〜
寸法比較

カムロードベースは大体5mからとなるので、この短さは特徴的。
ミニバンよりも短いくらいです。(ステップワゴンは4.7m)

価格はアミティ比で200万円アップ。
ベース車が高いのでこれは仕方ないですね。
ボンゴに比べるとシャシの容量アップのほか、エンジンは2Lになりますし、安全装備も充実してます。
タウンエースに満足できない人の選択肢があるのは、いいことだと思います。

アンソニーライト

内装のレイアウトはアミティと同じく、マルチルームなしの2段ベッドタイプ。
マルチルームを省いた分が、350mmの全長短縮に寄与しているというわけです。
2段ベッドの高さが十分取られている反面、トランクは小さめ。
キャンプ道具なんかはかなり厳選しないといけないでしょう。
2段ベッド下段のマットを動かさないと、出し入れも難儀しそうではあります。

全長の短さ、わかります?
家族四人が十分過ごせる室内
マットの下が収納。結構狭いです

④キャンパー厚木・Puppy480

元バンテックの販売店であるキャンパー厚木が作った理想のキャンピングカーがPuppy480。

特徴的なのはサイズ。
上で紹介したアンソニーライトは全長は短いですが、全幅は2m近くありました。
一方で、Puppy480は、全幅が1,740mm。
全長も4,850mmなので、高さ以外はノアやステップワゴンとほぼ同じサイズなんです。

カムロードベースのキャブコンは2m前後の幅があるので、駐車スペースの左右がかなり狭く、買い物には困ります。
スーパーなんかでは広いスペースを求めて端っこや空いてるスペースに行くのがマスト。
このサイズであれば、高さ制限さえなければどこでも止められます。

内装はシンプルでなかなか悪くない感じ。
幅が狭いので、横には寝られませんが、それほど狭っ苦しさは感じません。

関東では結構走ってるのを見かけるので、売れてるんでしょうね。

キャブからの出っ張りが少ないです
シンプルな内装
エアコンもつきます

⑤セキソーボディ・トム200

最後にハイエースベースのご紹介。
セキソーボディのトム200です。
このモデルはそんなに新しくはないです。

デザインがスマートで、私は結構好きな車です。
リア2段ベッドでバンクにもベッドがあり、6人就寝可能。
マルチルームもあるので、トイレも設置できます。

最近、家庭用エアコンがつけられるようになりました。
サブバッテリーは貧弱なので、電源があるところでしか使えないと思いきや、ポータブル電源で稼働することを想定しているよう。
例えばJackery1500であれば7時間ほど冷房が使えるので、こういう割り切りはありでしょう。

■参考記事

あわせて読みたい
ポータブル電源 Jackery 1500 夏の家庭用エアコンが何時間稼働するか?(防災/地震への備え) ポータブル電源で真夏のエアコンを稼働させようという人は多くないと思います。結局、電気を使って充電するポータブル電源ですから、一旦充電させて、それを使ってエア...

明るい内装もいいですね。
車両本体700万円ですが、セキソーボディの車は軽量ですのでガソリン車でも問題ないですし、カムロードベースよりは安く上がります。

スマートなスタイル
内装は明るい
バンクベッドは便利です
ジャパンキャンピングカーレンタルセンター

まとめ

ジャパンキャンピングカーショー2022に出展されたキャブコンの注目の車両を紹介しました。

ここで紹介したのは限られたモデルですので、出展してないモデルも合わせるとかなり種類があります。
ネット等で探して素敵なキャンピングカーを見つけてみてください。

キャンピングカー基礎編では、キャンピングカーの基礎知識を解説しています。

ジャパンキャンピングカーショー2022注目の5台はこちらから。

あわせて読みたい
ジャパンキャンピングカーショー2022注目の5台! 2/10の初日に行ってきました。コロナが増えているからか、空きブースがちらほらあり、ちょっと寂しい印象。 平日であるだけでなく、関東地方は大雪予報。かなりお客さん...

昨年注目だったモデルはこちら

あわせて読みたい
ジャパンキャンピングカーショー2021 注目モデル キャブコン編 全体の話はこちらで書いております。 https://happy-campers.net/2021/04/02/japan-campingcar-show/ 今回はキャブコンに絞った注目モデルをご紹介。 初めての方は、こ...

バンコン編はこちら

あわせて読みたい
ジャパンキャンピングカーショー2022 注目モデル バンコン編 全体の話はこちらで書いております。 https://happy-campers.net/jccs2022-2/ 今回はバンコンに絞った注目モデルをご紹介。 キャンピングカー初心者の方は、まずこちら...

軽キャンピングカー編はこちら

あわせて読みたい
ジャパンキャンピングカーショー2022 注目モデル軽キャンピングカー編 全体の話はこちらで書いております。 https://happy-campers.net/jccs2022-2/ 今回は軽キャンに絞った注目モデルをご紹介。 初めての方は、こちらを読んでいただいて、...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる