失敗しないキャンピングカー選び⑨カムロード選ぶならガソリンかディーゼルか

シリーズ第9弾はカムロードベースのキャンピングカーで迷うエンジンの話。

私のおすすめはディーゼルですが、それぞれ長所と短所がありますので、紐解いていきます。

目次

カムロードのエンジンは二種類ある

今回はカムロード限定の話。ボンゴやライトエース/タウンエースはガソリンしかありません。

カムロードにはガソリンとディーゼルの二種類があります。

違いを説明していきましょう。

エンジンスペックの差

スペックは以下の通り。

トヨタ自動車HPより

ディーゼルの方は排気量が3.0L、ガソリンは2.0Lですのでだいぶ違います。

最高出力は11PS差ですが、トルクは12.0kgf.M差があり1.5倍以上。

キャンピングカーの中でもジルやクレアのように重い車種になればなるほど、ガソリンは苦しくなるでしょう。

価格の差

ベース車のダイナの価格差ですが、トヨタのHPによれば、

ディーゼル:3,157,000円(税込/ダイナ1.45t/4AT/2WD)

ガソリン2,503,600円(税込/ダイナ1.5t/4AT/2WD)

何と、65万円の差があります!

トラックの状態
架装されたジル520

一方、キャンピングカーになった時の差は、

バンテック・ジル520:55万円差

ナッツRV・クレアエボリューション5.0X:60.6万円差

東和モータース・ヴォーンノイン:61.6万円差

バンテックは他の車両も55万円差です。ベース車の差額では利益取らないんでしょうか?良心的というか不思議です。

燃料代の差

これは実燃費ではもっと差があると思うのですが、公正を期すためにカタログ値で比較します。

先ほど価格の項で出した車型では

ディーゼル:9.8km/L

ガソリン:8.1km/L

(余談ですが、MT比でATの燃費がかなり悪く、新しいAT投入が望まれます)

そして軽油とレギュラーガソリンの価格差ですが、(3/21時点 / e燃費のデータ)

軽油:115.4円/L

レギュラー:137.5円/L

10,000km走る時の燃料代は、

ディーゼル:117,755円

ガソリン:169,753円

10,000km走るたびに52,000円の差が出ます。

これを先ほどの価格差で見ると、価格差の少ないジル520で110,000km時点で逆転します!

クレアでも120,000kmで逆転します。

これは、結構現実味のある距離といえます。

 

〜燃料代、クレジットカードで節約する手もありますね〜

リセールバリューの差

リセールバリューは公開されておらず、中古の販売価格を参考にするとしても、キャンピングカーは車両によって仕様がまちまちで難しいです。

ここは読者の方に見ていただいた方が早いのですが、同じ年式でもガソリン車とディーゼル車は値段が大きく違います。

キャンピングカーは車両が重くて荷物もたくさん積む車なので、中古市場でもディーゼルが人気=高価買取が期待できます。

ディーゼルのいいところ

・圧倒的なパワー

スペック見てわかる通り、動力性能は圧倒的にガソリンに勝ります。

2Lガソリンエンジンは、ハイエースの標準ボディと同じですので、3t近い車体には荷が重い。

高速道路の坂でも法定速度を維持して走っていけます。

120km/hでも走れます(新東名にて)

・燃料代が安い

燃費が良くて燃料も安いので、ランニングコストが安い。これはたくさん走るオーナーにとっては嬉しいですね。

・結果的に安くつく可能性も

リセールバリューはディーゼル優位ですので、燃料代の差を回収する前に売っても、特をする可能性はあります。

ガソリンのいいところ

・静粛性が高い

早朝や夜間に自宅もしくは宿泊地から出入りする際に、ディーゼルはうるさいです。

最近の乗用車のディーゼルは気にならないレベルの音になりつつありますが、カムロードはトラックの音。

結構うるさいです。走行中も、ガソリンの方が静かで振動も少ないです。

あまりお勧めはしませんが、アイドリング状態で宿泊されるのであれば、ディーゼルはうるさすぎます。。。

・イニシャルコストが安い

燃料代だと負けますが、乗り出しで50万円以上違うのは大きいです。

あまり走らず、近隣のキャンプ場で楽しむ使い方であれば、ガソリンでも不満は少ないかもしれません。

・自動車税が安い

ガソリンは2L、ディーゼルは3Lですから、年額9,200円の差額があります。

基本的にはディーゼルをおすすめしたい

走行性能、燃料代、リセールまで考えたトータルコスト、全てを考えると、ディーゼルをおすすめしたいです。

特に重い車両になればガソリンでは荷が重く、不満に感じることも出てくるでしょう。

速くて安いは正義だと思うのです。

ガソリンでも問題ないと思う人

流石に、ジルやクレアなどのフラッグシップモデルは重量が3.5tギリギリに達するタイプはディーゼル一択です。

ただ、ミドルクラスのコルドやクレソンであれば重量はだいぶ軽いです。

そうであれば、動力性能の差もまだ許容できる範囲になることが予想されます。

また、閑静な住宅街で早朝深夜出発が頻繁とか、静かでないといけないのであればガソリンしかないでしょう。

ディーゼルのうるささが受け付けなくて、ゆっくり走る人も、ガソリンで行けると思います。

まとめ

カムロードのエンジン選び。

ディーゼルをおすすめしますが、使い方次第でガソリンでもいい場合も。

乗り出し価格だけでなく、トータルで比較して選ぶことを強くおすすめします。

納得のキャンピングカー選びを!

■失敗しないキャンピングカー選びシリーズの紹介

キャンピングカーの種類

軽キャブコンの特徴とおすすめしたい人

軽バンコンの特徴とおすすめしたい人

バンコンの特徴とおすすめしたい人

キャブコンの特徴とおすすめしたい人

ポップアップの長所と短所(欠点)

トラキャンの特徴とおすすめしたい人

キャンピングトレーラーの長所とおすすめしたい人

⑨カムロード選ぶならガソリンかディーゼルか

キャンピングカーの基本関連の記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる