ゆるキャン△聖地!浩庵キャンプ場 with キャンピングカー(レベラー必須)

ゆるキャン△見ているとキャンプに行きたくなります。
すごく精巧に描き込まれているので、実際のモデル地も訪問したくなります。

今までふもとっぱら、ほったらかし温泉、富士川キャンプ場に行きましたが、今回は浩庵キャンプ場。
天気がいいと逆さ富士が見えるんです。

キャンピングカーで行くには厳しそうな感じがしましたが、無事行けましたので詳細レポートです。

目次

施設概要

浩庵キャンプ場は、富士五湖で一番深く、透明度が高い湖、本栖湖の湖畔にあります。
千円札に描かれている富士山は、このエリアから見たもの。
アクティビティも充実しており、最高のアウトドア時間が過ごせます。

サイトはキャンプ場&キャビン/第2キャンプ場テント村&山荘

浩庵キャンプ場は2種類のスペースがあります。
・富士山が本栖湖越しに見えるキャンプ場とキャビン。
・浩庵の本館から離れた第2キャンプ場テント村と山荘。こちらは富士山は見えません。
私が行ったのはキャンプ場です。

キャビンは結構充実しています。
A棟(4人用)×2棟、B棟(6人用)×4棟、C棟(10人用)×2棟の3タイプ8棟。
トイレ、キッチン、冷蔵庫、エアコン完備。B棟にはシャワー、C棟にはお風呂もあります。
「アウトドアに行きたいけどテントを張るのは苦手。」
そんな方でも気軽に行けますね。

キャンプ場(テントサイト)のオススメは湖畔サイト

キャンプ場(テントサイト)は、湖畔サイトと林間サイトがあり、どちらもフリーになっています。

湖畔はかなり人気があり、我が家が行ったGW終盤は隙間なく埋まっているような状況。
連休だと早く行けばいいというものではなく、連泊の人がいますので、ほとんど運ですね。
また、湖の目の前はかなり傾斜があるので注意。

対して林間サイトはぎゅうぎゅうということはない感じ。
スペースもある程度余裕があるので、大きなテントを張る人は林間サイトに行くのはアリだと思います。
ただ、私としてはテントを開けたら富士山が見えるってのが大きな魅力だと思うので、湖畔一択ですね。

湖畔サイトの車中泊はレベラーがマスト

湖畔サイトはかなりの傾斜。
10°以上あります。

テント泊の場合どういう対策をされるのか分かりませんが、車中泊の場合はレベラー必須。
一番上まで使って、やっと8°まで改善できました。
これでも、寝ていたら転がったりするレベルです。。。

我が家は傾斜にうるさい方ではありませんが、快適に過ごすためにはレベラーでの補正はマストですね。

タイヤの下にレベラー入ってます
こう見ると結構補正されてます
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

施設

施設は充実しています。
ちゃんと投資をされていて、快適に過ごせるようになっていますね。
リーズナブルな値段ですが、回転がいいので、稼げているのでしょう。
(反対に、安くても設備が良くないところは少なくなく、アウトドア嫌いになる恐れも。汚いトイレとか。)

コロナのためお風呂が営業休止なのは残念ですが、コインシャワーがあります。
アクティビティができるので、終わった後ちゃんと汗を流せるところがあるのは嬉しいですね。

炊事場は清潔
シャワー室は綺麗そう

浩庵キャンプ場
住所: 山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
チェックイン: 8:00-20:00(予約時に受付時間が決まる)
チェックアウト: 10:00(レイトチェックアウトは17:00)
料金: 複雑なのでサイトご確認ください。
子ども対応: 湖で遊泳はできませんが水遊びはできるので楽しいです
キャンピングカー: 向いてはいないですが大丈夫です。
URL: https://kouan-motosuko.com/index.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次