超小型充電器Anker Nano II(2)はPCも充電できて在宅勤務も出張も快適!

Anker様のキャンペーンでいただいたAnker nano ii。

充電器は機器付属のものが各々にあるので、わざわざ3000円以上出して買うのは躊躇するところですが、使ってみたら素晴らしい。

たくさんの充電器が一つにまとめられるので、大変便利な逸品です。
最近手に入れたモノの中で、かなりのおすすめ商品です。

目次

Anker Nanoとは

45W仕様のポイントは以下の通りです。

充電器は、これ1つ

USB Power Delivery (PD) 対応の45W出力を備え、スマートフォンからノートPCまで幅広い機器に対応しています。利用機器毎に異なる充電器を持ち運ぶ必要はありません。

iPhoneやAndroidスマホにも急速充電

一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できます (iPhone 13を0%から30分充電した場合での比較) 。さらに、PDのオプションであるProgrammable Power Supply (PPS) 規格にも対応しておりGalaxy S21などPPS対応のスマートフォンへのフルスピード充電も可能です。

スマートなビジネススタイルへ

わずか4cm四方に収まる超コンパクト設計で、カバンやポケットにスムーズに収納できます。リモートワークや出張などの持ち運びに便利です。

Windows PCにも充電可能

最大45W出力を備え、MacBookだけでなく、PD対応のさまざまなWindows PCにも充電できます。一般的なWindows PCに同梱されているACアダプタに比べて非常に軽量かつコンパクトなサイズを実現しました。

Anker Nano IIパッケージ

実際に使ってみました(Windows編)

会社のPCがWindows。
在宅勤務でパソコンを持ち運ぶ必要があるのですが、ACアダプタの重量が意外とバカにならない。

私のThinkPadのACアダプタが45Wでしたので、Anker Nano II 45Wは容量的にもぴったりです。

Think Padと純正アダプタ
Think PadとNano II
充電器比較

大きさは画像を見ていただければ一目瞭然、かなりコンパクトになりました。

これを使うと、純正のACアダプタは会社に置きっぱなし、Anker Nano IIは会社以外用として使えます。
家で在宅勤務をするときの他、出張や外出でも使えます。
かなり小さく軽くなるので、カバンのスペースを取らないのがいいですね。

実際に使ってみました(Mac編)

家で使っているのがMac。
この純正アダプタが、めちゃくちゃ大きいんです。

困るのが、コンセントの上だけが空いている時。
プラグが重みで抜けてしまうのです。

このようにスペースがない時でも安心。

MacBookとNano II
MacBook充電器とNano II比較

大きさを比較すると1/3以下になりますので、使い勝手も良好です。

実際に使ってみました(iPhone編)

iPhoneやiPad用の純正充電器。

最近は付属しなくなりましたが、大きくなりました。

Nano IIと並べてみると、昔の小さなサイズと同等です。

Iphone充電器との比較

ポイントは、充電の速さ。
純正の充電器だとゆっくりスピードで充電しますが、Nano II 45Wだと、iPhone Proが30分で40%充電できます。

かなり早く充電できるので充電忘れで焦った時でも大丈夫です。

一台何役でも使える

WindowsのPCにも、Macにも、iPhoneやスマホにも。
USB-C規格の充電ポートとの互換性があれば、様々なガジェットに充電することができます。

ポートは一つしかありませんが、充電スピードが早いので、同時充電の必要性は薄れます。
ポートが複数ない分、コンパクトで軽量になっているので、そっちのメリットの方が大きいですね。

おすすめは45W

Nano IIには30W、45W、60Wの3機種あります。

これが絶妙な価格設定。
30Wは2,990円と3,000円を切る低価格
45Wは3,390円と、30W比で+400円
65Wは3,990円と、30W比で+1,000円で2倍の容量

中でもおすすめは45W。
45WあるとノートパソコンのACアダプタで使われる出力になってくるので汎用性は上がります。
また、プラグが畳めるのが魅力。出っ張ったままだと収納に気を使うというか、傷つけないかが心配になります。
+400円ですので、迷わず45W。

自分の持っている機器によって、65Wを選ぶのもいいと思います。
私の持っている機器では、オーバースペックでした。

まとめ

1ポートしかない充電器としては安くないAnker NANO II。

しかし、コンパクトで高性能、多くの機械に使える汎用性と、買って損はない内容。

安い充電器を何個も持つより、Nano IIを一つ持ち歩く方が賢いです。

3,000円ちょっとでかなりの快適化ができますので、ぜひご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる