モータースポーツ開幕!F1/スーパーフォーミュラ/スーパーGT観戦のススメ

春がやってきました。

去年はいきなりのコロナで、開幕が遅れましたが、今年はコロナ前提の日程。

F1も国内モータースポーツも、有観客で始まる予定です。

レース観戦ってどうすれば行けるの?

これを読んだ方は必ずレースに行きたくなりますし、レースに行けます。

目次

生観戦の魅力

ぶっちゃけ、レースの内容がよくわかるのはテレビ観戦です。

今はスマホなどで現地でも情報が入りますが、自分の目の前以外の状況がよくわからないこともしばしば。

ではなぜ、現地に足を運ぶのか?

モータースポーツの場合は、スピードと音と匂い、人、グルメです。

観客席の熱気
最高のビール
スタート前の人間模様

スピード。テレビではただぐるぐる回っているように見えたマシン、目の前で見るとものすごいスピードで駆け抜けていきます。

音。昔に比べて大人しくなったとはいえ、市販車とは全く違う、「速さだけを求めた」音。ライブが好きな人はわかるんじゃないでしょうか?

匂い。マシンが出す排気ガスに、タイヤが焼け焦げた匂い。これも、現場感があります。

人。レース前後のチームとドライバーの動き。緊張感。コロナ禍ではあまりないですが、サイン会などドライバーとの交流もあります。

グルメ。サーキットには美味しいものがいっぱい。屋台がたくさん出るのえ食べ歩きもできます。

まさに、五感で感じられるのが、サーキットでのモータースポーツ観戦なのです。

生観戦に行こう

生観戦、行きたくなってきたでしょう?

でも、敷居が高そうなのがモータースポーツ観戦。

映画のように、映画館に行ってチケット買って、というわけには行きません。

しかし、私がこのブログで案内するので、ご安心ください。

事前情報があれば二倍楽しい

なんぼレースが面白いと言っても、誰が走っているかわからないと楽しさ半減。

事前にガイドブックで予習をしておいて、推しチーム、ドライバーを作って応援すると大変楽しいです。

2021年主要四輪レーススケジュール

色々なレースをやっていますが、私が得意な四輪レースのスケジュールをご紹介します。

・F1日本グランプリ:10月10日 / 鈴鹿サーキット(三重県)

・スーパーフォーミュラ

No開催日開催場所
14/2〜4/4静岡県・富士スピードウェイ
24/23〜4/25三重県・鈴鹿サーキット
35/14〜5/16大分県・オートポリス
46/18〜6/20宮城県・スポーツランドSUGO
58/27〜8/29栃木県・ツインリンクもてぎ
610/1〜10/3岡山県・岡山国際サーキット
710/29〜10/31三重県・鈴鹿サーキット

・スーパーGT

No開催日開催場所
14/9〜4/11岡山県・岡山国際サーキット
25/2〜5/4静岡県・富士スピードウェイ
35/28〜5/30三重県・鈴鹿サーキット
47/16〜7/18栃木県・ツインリンクもてぎ
59/10〜9/12宮城県・スポーツランドSUGO
610/22〜10/24大分県・オートポリス
711/5〜11/7栃木県・ツインリンクもてぎ
811/26〜11/28静岡県・富士スピードウェイ

国内レースは見ていただければわかる通り、東北から九州まで色々なところでやっています。

気軽に行けるのが国内レースの魅力ですね。

チケット購入〜F1編〜

F1の場合は、鈴鹿サーキットと、プレイガイドの両方で買えます。

10月の開催で、例年は3月に概要発表、5月に発売となるのですが、5月に概要発表されるというアナウンスがありました。

コロナで何人入れられるようになるかわからないですし、色々な見極めを待つということです。

チケット購入〜国内レース編〜

これは、スーパーフォーミュラやスーパーGTのサイトから買うわけではなく、サーキットのサイトにまず行きます。

例えばスーパーフォーミュラ第二戦のチケットは鈴鹿サーキットのサイトに行くと、レースのページがあるので、そこから購入に進めます。

鈴鹿サーキットの公式と、ローソンチケットの両方で買えます。

このレースの場合は観戦券と指定席はセットになっており、好きな座席が選べます。

座席のエリアによって金額が違うのですが、一番人気のグランドスタンドの上段が一番高額です。

特別なラウンジのチケットや、オプションで駐車券などがありますので、お好みで選べます。

また、鈴鹿サーキットのレース観戦券は遊園地のパスポートがついていることが多く、このレースは二日分のパスポートがついています。

かなりお得ですし、子どもも飽きませんので、子連れで初めてのレースは鈴鹿がお勧めです。

鈴鹿は運転系のアトラクションが充実しています
小さい子ども向けの遊具も充実

交通手段

サーキットは広大な敷地が必要で、騒音も出ますから、不便な場所にあることが多いです。

おすすめのアクセス方法はこんな感じです。

・鈴鹿サーキット

市街地にあるので、電車でも行きやすい。近鉄名古屋線の白子駅からバス、もしくは伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲生駅から徒歩。

車でのアクセスもいいですが、レース後の渋滞はすごいです。。。

特にF1は公式駐車場は早々と売り切れますし、当日止められる駐車場は限られるので、公式取れなければ民間駐車場を予約することをお勧めします。

駐車場は車中泊できます

・富士スピードウェイ

小田急線の新松田駅から行く方法もありますが、車が一般的ですかね。

・ツインリンクもてぎ

こちらも車が便利です。

レース開催日には宇都宮駅や水戸駅からのバスがあります。東京からバスが出ることもありますね。

 

ホテルの手配

イベントは土日で行われ、決勝は日曜日が多いですが、土曜日も予選やサポートレースがあるので、二日間行くのがおすすめ。

レース観戦に行くと決めたら、早めに手配しましょう。

鈴鹿は市内が確かに便利ですが、四日市や津で取ってもいいでしょう。

F1の時は全然取れず、名古屋で取る人も居ます。

もてぎは周辺のホテルが限られるので、宇都宮や水戸で宿泊する人が多いみたいです。

富士も同じでしょうね。

遠方だと、航空券とセットで予約すると割引が効きますよ。

沖縄や北海道だけでなく、関東や関西行きでもフリープランなら安く上がります。

予算はどうなの?

これはまちまちです。

富士スピードウェイにスーパーフォーミュラ第一戦を東京から車で見に行く場合は、

チケット:前売りで大人6,000円

駐車場:前売りで一日1,700円

高速料金:4,340円(普通車休日割引で東京ー御殿場が2,170円 x 2)

ガソリン代:3,500円(東京からサーキットまで125km計算。1L=140円&1L10km計算。)

その他ご飯代やおやつ代などありますが、上記だけで15,000円超です。レンタカーを借りたり色々あると25,000円は行くでしょう。

チケット代がそれなりにするので、行くなら2日間。

交通費もかかるし、ホテルに泊まるなら観光も入れて、遊び尽くすのがお勧めです。

持ち物は?

ぶっちゃけ手ぶらでも行けますが、おすすめはこちら。

・歩きやすい靴:サーキットでの観戦はめちゃくちゃ歩きます。

・リュック:荷物が多くなるので、手が開くほうがベター

・レジャーシート:意外と座るところがなかったりするので、持っていると便利です。

・雨具(レインコート):観客席は傘させません。ゴアテックスがいいと聞きますが、私は100均のを使い捨ててます。

・帽子:日差しを遮るものがないので、暑いです。持っていってもいいですし、現地で好きなのを買うのも楽しいでしょう。

・飲み物:サーキットは高いですので、最初の一本は持ち込みましょう。

・おやつ:意外と観客席にいる時間が長かったりするので、おやつがあると安心。

・双眼鏡:グランドスタンドだと、ピットが見えた方が楽しいです。

・携帯充電器:人が多いからなのかなんなのかわかりませんが、めちゃくちゃ充電が減ります。

・タブレット:順位とか確認するのに、持っていると見やすいです。専用のアプリがあったり、サーキットによってはwifiが飛んでいるので、観戦環境が劇的に向上すること間違いなしです。

・ラジオ:レースによっては、ラジオで情報が取れるので、持って行った方がいいです。場内放送があるケースでもマシンの音でかき消されて、いつの間にか展開がわからなくなることも。また、ピットに入ると見た目の順位と実際に順位に乖離が出たり、特にスーパーGTはクラス混走になり順位が分かりづらいので、GTの場合は必須です。

まとめ

五感で楽しめるレース観戦。

予習をして、しっかり準備すれば、きっと初心者でも楽しめると思います。

屋外ですのでコロナを考えても悪くないレジャーですし、ぜひデビューしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる