ジャパンキャンピングカーショー2022見どころと注目ポイント

日本最大の大規模キャンピングカーショーがジャパンキャンピングカーショー。
キャンピングカーが少しでも気になる人は、参加マストです。

一度に見れる台数としては最大ですので、お目当ての車と、同じジャンルの他車を同時に比較できる絶好の機会。

日本最大ということと、2022年の大規模キャンピングカーショーの初陣のイベント。
各ビルダーも気合が入っており、例年新車発表が多いです。

また、駐車場にはオーナーが乗ってくる車両が止めてあるので、使い方をこっそり見れますよ。

目次

開催概要

《会期》
2022年02月10日-02月13日
■10日(木)11:00〜18:00
■11日(金祝)10:00〜18:00
■12日(土)10:00〜18:00
■13日(日)10:00〜17:00
《会場》
幕張メッセ国際展示場 ホール1・2・3・4(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
《入場料》
【大人(高校生以上)】当日1,000円/前売800円
【小人(小・中学生)】当日600円/前売500円
【未就学児】無料
【ペット】ペットケア費:1頭 500円/2頭以上 1000円(当日ご入場の際の支払い)
【障がい者】本人と介添人1名無料(手帳等提示)
【くるま旅クラブ会員】会場外のくるま旅クラブ受付で入場券を発行(大人2名様分・会期中1回限り)

見どころ①新型カムロード登場

キャブコンのベースとして多数使われているトヨタ・カムロード。
このカムロードが昨年新型に切り替わりまして、各社新型を発売してきています。

バンテックなど、既に発表発売済みのビルダーさんはありますが、一度に見られるのがこれが初めてのチャンスになります。

私の注目は、東和モータースのヴォーン。
シェル(後ろの居住部分)を新開発したそうで、特にリアからの見た目がカッコいい。
また、凄いのが、旧型カムロードに新型のシェルを乗せた車両を発売するところ。

旧型ヴォーン

各社旧型カムロードの在庫が減ってきていて、新型カムロードに新型シェルを乗せた新型車を発売しているわけですが、価格がかなり上がっているのです。
例えばバンテックで160万円値上げです。

■参考記事

あわせて読みたい
カムロードのモデルチェンジでキャンピングカーが160万円値上がり!〜バンテック新価格(2021)〜 2021年、カムロードがモデルチェンジ。 大手キャンピングカービルダーのバンテックが新価格を発表しましたが、驚きの価格となりました。 旧型との比較は公式では見られ...

エンジンがリニューアルされて、安全装備なども増えているので、値上げは仕方ないのですが、それにしても高い。
ですので、「買える(在庫がある)のであれば」旧型カムロードベースをお勧めします。

東和モータースがどれほど旧型カムロードの在庫を溜め込んでいるのかはわかりません。
ただ、旧型カムロードの中では最後の新型になりますので、最注目となります。

見どころ②リチウムイオンバッテリー搭載車の伸びは鈍化?

急速に増えてきている、リチウムバッテリー。
従来、サブバッテリーには鉛のディープサイクルバッテリーが使用されてきましたが、軽量で大容量なのがリチウムバッテリー。
爆発などの危険性があることと高価なことから、なかなか採用が進みませんでしたが、昨年のショーではかなり搭載車を増やしました。

大手ビルダーの中ではナッツが積極的で、独自の充電システムである「エボリューションシステム」にリチウム設定。

ナッツRVのリチウム搭載車
軽キャンでもリチウム化の波が来ています

他社もナッツと同じシステムを搭載した東和モータース、ホワイトハウス、ダイレクトカーズなどがリチウム車を出展。

一方で、キャブコンだとバンテック、バンコンだとトイファクトリーなど、大手メーカーでも搭載に慎重なところがあります。
安全性が担保できないと、搭載したくないとのこと。リチウムは事故の際に爆発する可能性がありますからね。

この辺りの慎重なメーカー以外は、リチウム搭載車は出揃ったと言えるでしょう。

見どころ③各社の新型車

各社、新型車を出していています。
新型カムロード発売後に各社ダディてきている分があるので、全くの新規は少ないのですが。
ただ、ショーで比較しながら観れるのはジャパンキャンピングカーショーならではです。

私が気になっているのは、
・キャブコン:東和モータース・新型ヴォーン
・軽キャン:岡モータース・ミニチュアクルーズATRAI
・トラキャン:MYSミスティック・デシエルト
この辺です。

その他、ブースも気合が入っていますし、新型車や新機能のアピールも大きいはずです。

ジャパンキャンピングカーショー2021全景

見どころ④キャンペーンでお得/早期納車も!

キャンピングカーって値引きが少ないんです。
普通の車だと、「目標値引き30万円」とか雑誌に書いてあって、ゴリゴリ値切りますよね?(私だけ?)
キャンピングカーは人気商品ですから、値引きしてでも台数を取りに来ません。
「〇〇万円安くしてくれないと買わない」なんて揺さぶり方をしたら、「帰ってください」と言われるだけです。

とはいえ、ジャパンキャンピングカーショーは大きな商談会。
ここでキャンペーンを張って、自社に取り込もうと各社頑張ります。
値引きそのものは少ないですが、オプションのプレゼントや、オプション含めたお得なパッケージがあったりします。
ここで下話をしておき、後日各社各店舗で開催されるアンコールフェアのようなもので契約してもいいかと思います。

キャンペーン例

また、納期が長いキャンピングカー。
ショー限定の即納車や早期生産枠が確保されることもあります。
これも、かなり見どころですね。

見どころ⑤駐車場にはキャンピングカーがいっぱい

これ、密かな見どころです。

キャンピングカーショーはオーナーさんの集まるオフ会のような機能も果たしており、かなりのキャンピングカーが集まります。

駐車場の風景

わざわざ日帰りでも、キャンピングカーに乗ってくるんですよ。
実際に使ってるキャンピングカーをみると、自分の使い方のイメージができてくるかと思います。
許可なくジロジロ見ていたら怒られるかもしれませんが、歩きながらざっと見るのであれば問題にはなりませんので、ふらっと見てみてもいいと思います。

見どころ⑥用品

キャンピングカーの用品も出店されます。
なかなか現物を見て帰る場所は限られるので、実際に見るチャンスでもありますし、割引になっているお得商品もよく見かけます。
お得なものが買えれば、それだけで入場料はペイできますね。

おすすめの回り方

おすすめの回り方は、こちらに書きました。

あわせて読みたい
キャンピングカーショーの歩き方〜初心者さん向け〜 キャンピングカーショー。キャンピングカー生活への第一歩です。 気になるけど、敷居が高い?とか たくさん車両があって、どう回っていいかわからない?とか 色々な疑問...

初めての方は大手から回ることを推奨していますが、大手は壁際に位置しています。
入り口入ったらA to Zから入り、トイファクトリー、バンテック、ナッツRV、RVランド、東和モータース、ダイレクトカーズという順です。
ここをざっとみていくと、必ず気になるジャンルの車両が出てきますし、人気車ばかりですから、後々比較する際の基準にとてもいいと思います。

近くのイオンがめちゃくちゃ大きい

余談ですが、すぐ近くに日本最大のイオンモール幕張新都心があります。
めちゃくちゃ大きくて、ここを無闇に歩くとキャンピングカーショーよりも疲れそうですが、店の種類も多いので、お目当てのお店は絶対あるはず。
お昼ご飯にもちょうどいいでしょうね。

まとめ

ジャパンキャンピングカーショー2022は、
・新型カムロード
・リチウム搭載車
・各社の新型発表
・キャンペーンや早期納車チャンス
・駐車場も密かな見どころ
・用品を手に取って選ぶチャンス
など、見どころたくさん。

買う買わないかは別として、キャンピングカーの車内に入れたりしますし、ちょっと足を運んでみるだけでも楽しいイベントですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる