2020-2021しまなみ海道で年末年始を過ごす旅⑩-ドルフィンファームしまなみ-

目次

我が家が一番リピートしているキャンプ場

12/30-1/1でお世話になったドルフィンファームしまなみ。

ちなみに我が家、キャンプ場に行くことはそれほど多くないのです。元々キャンプをする家ではないので。

基本的に車中泊は高速のSA/PAや道の駅(停泊時間は節度を持っています)。

夏場は電源が厳しくなるので、RVパークを多めに利用。

キャンプ場に行くのは、そのキャンプ場に行く目的がある時がほとんどです。

ドルフィンファームしまなみに初めて行ったのは2018年の年末。

ツマがイルカが好きなので、イルカ関係の体験を探していたときに、たまたま見つけました。

今まで行ったのは3回。

2018年-2019年の年越し(四国左半分の旅) https://ameblo.jp/happyhappysalad/entry-12435292077.html

2019年夏休み(九州の帰り) https://ameblo.jp/happyhappysalad/entry-12520468490.html

そして今回。

キャンプ場に行くことの少ない我が家、しかもその中でリピートしているのはここくらい。

めちゃくちゃ気に入っている、ドルフィンファームしまなみの魅力をお伝えしようと思います。

一番の魅力はイルカが見放題

イルカの施設ですから、イルカが見学できます。

キャンプ以外のお客さんは一名500円で見学ができますが、キャンプ場のお客さんは無料。

キャンプ料金は、冬季のフリーサイトだと2,400円(1日税込2,200円+ゴミ処理代200円)ですから、4人家族の我が家的には、イルカ見学代でキャンプが無料でついてくるようなイメージです。

イカダが浮いていて、生簀に近づけます
時間が合えば餌やり風景も見れます
自由なイルカもまたよし

営業時間内は海に浮いているイカダへの橋が開放されていて、イルカの生簀に近づけます。

イルカは6頭くらいいるのかな、1生簀2頭ずついてイカダを渡って見にいきます。

柵とかはないので落下に注意です。結構隙間大きいです。

朝晩に係の方が餌をあげるのですが、そこは必見。イルカへの躾も兼ねていそうで、イルカの顔をしっかり見れたり、ちょっとした芸も見れます。

ただ、水族館のような芸はしませんよ。

追加料金で体験も可能

イルカ見学はキャンプ利用者であれば無料ですが、それでは物足りない人向けに、体験ができる二つのコースがあります。

ふれあいコース

海中に入らず、イルカと握手をしたり触れ合うコースです。

小さな子どもでも体験できます。

料金は、5,000円(GW、8月以外の平日は4,500円)。

胴長靴をはいて
イルカの学習をして
いざイルカのもとへ

所要時間は30分。胴長靴をはいて、イルカの勉強をしたあとイルカのもとへ。

あとは写真で説明に代えます。

撫でたり
輪投げ
手を叩いたら踊ってくれます
握手に
最後はキス

時間は短いように見えますが、結構色々できるし、人数も少ないので満足度は高いです。

初めての方には、まず体験してほしいですね。

スイムコース

触るだけじゃ物足りない人向けに、泳ぐコースがあります。

料金は、3/15-10/31は9,000円(GW、8月以外の平日は8,500円)、11/1-3/14は5,000円(平日は4,500円)。

冬は安いようにみえますが、所要時間が違い、夏季は1時間、冬季は30分です。

冬季だとふれあいと同額なので、寒さを我慢できれば、冬の方がお得かもしれません。

ただ、2020-2021の年末年始は、誰も体験やってませんでした。寒いもんね。

こちらも説明と、あと水着の上にウエットスーツ(貸し出し)を着たのち、海に入ります。

こちらも、写真で説明です。

ウエットスーツに着替え、イカダへ
手を叩くとイルカが回ります
イルカに捕まって泳げます
シュノーケルをつけてイルカを見れます
イルカにツンツンされて遊ばれることも

見てる側からは、結構長い時間やっているように見えました。

ツマはイルカにツンツン遊ばれて大変だったみたい。

お値段なりの、濃密な体験ができるコースです。

設備は一通りあり

キャンプ場の紹介に戻ります。

設備は炊事場はあり、ゴミも自由に捨てられます。

電源はフリーサイト以外は無料。フリーサイトにはありません。

管理棟では薪は売っているようですが、他は売っていなさそう。

近くにコーナンがあるので、用品の買い忘れはここで済ませましょう。

あと、海水浴場が併設されているので、夏は海水浴ができます。

難点は。。。

残念なのはトイレ。

バンガロー、グランピングサイト、区画サイトは専用のトイレが個別に用意されていますが、フリーサイトは場内になし。

隣接する海水浴場のトイレまで行かないといけないのですが、若干歩きます。

キャンカーにトイレがある人はいいですが、ないひとは結構面倒じゃないかと思います。

また、お風呂と大きめの買い物施設が島内にないので、いちいち外に出ないといけないのも面倒です。(道路料金もかかります)

値段も魅力的

コテージとグランピングサイトがありますが、利用も検討もしたことがないので割愛。

テントorキャンピングカー組は、区画サイトとフリーサイトの選択肢があります。

タイプ定員4/1-11/3012/1-3/31
フリーサイト(17)43,000円(税別)2,000円(税別)
区画サイト(4)66,500円(税別)5,000円(税別)

私のおすすめはフリーサイト。

サイトの目の前は海とイルカ
絶景が広がります
サイトも広いので、ゆったり使えますね

区画サイトは内側で、海沿いにあるのはグランピングサイトとフリーサイト。

海を独り占めできるのが最大のメリット。

あと、価格がかなりリーズナブルです。冬だと2,000円なので、RVパークよりも安く、ゴミ捨てができるのでかなり重宝します。

区画サイトは海は見えないですが、電源があるのは魅力的。

夏は海水浴をしながら、キャンカー内はキンキンに冷やす感じで楽しむのもいいでしょう。

まとめ

我が家お気に入りのキャンプ場、ドルフィンファームしまなみ。

それほど混んでいないのであまり人気になりすぎるといけないのですが、私のブログで紹介したくらいだと大丈夫でしょう。

かなりおすすめですので、近くにいかれる際はぜひ。

ドルフィンファームしまなみ
愛媛県今治市伯方町叶浦1673
https://www.df-shimanami.com/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる