琵琶湖畔で湖水浴キャンプ!白浜荘オートキャンプ場にキャンピングカーで行く

当サイトには広告が含まれますが、筆者独自の視点で作成している内容には影響を与えていません。

サイトの目の前が水辺で、絶景と共にキャンプ。
憧れませんか?
京阪神から1時間圏内でできるのが琵琶湖。

その中でも、手軽にキャンプと湖水浴ができるのが「白浜荘オートキャンプ場」。

大きなキャンプ場なのでハイシーズンでも予約が取りやすく、湖が目前のロケーションなので景色は最高。
夏は湖水浴もできます。

この記事でわかること

・白浜荘オートキャンプ場の魅力
・キャンピングカーで行った場合の実際の過ごしかた
・各サイトの解説とおすすめ紹介

人気があるだけに若干賑やかだという難点はあるものの、関西や名古屋方面の人にはアクセスもよくおすすめ。

実際の体験談で行った気分になりながら、読み進めていってくださいね!

目次

白浜荘オートキャンプ場の魅力

白浜荘オートキャンプ場

琵琶湖畔にある白浜荘キャンプ場は魅力がいっぱい。
真っ青な空と湖、絶景のロケーションで最高のアウトドア体験ができます。

サイトから徒歩5秒で湖水浴が楽しめる!(湖水浴以外のシーズンはサップ/カヤック可能)

白浜荘オートキャンプ場A区画

A区画を選べば、サイトの横は湖!
湖水浴を、やりたい時にやりたいだけできます

そして、湖ですからベタつかないのも魅力
海だと、一旦水に入ってしまうと塩でベタベタになりますよね?
一回シャワーを浴びたら、子どもにせがまれても「もう一度」はありません。

湖は当たり前ですが普通の水。京阪神の水道の元です。
乾いてもベタつくことはなく、足をつけるくらいであれば毎回のシャワーはいらなさそうです。

親二人で来ていれば、子どもの水遊びはパパがケアしながら、ママはゆっくりサイトから家族が遊ぶ様子を見ることができます。
お腹が空いたらちょっとサイトに戻ったり、湖の目の前にベース(基地)があるって、相当便利です。

なお、2023年の場合は7/6〜8/31が湖水浴の期間ですが、それ以外の時期は、
①サップ・カヤック持込
②ワンコ水泳
③釣り
が楽しめます。

湖水浴と同じく、「目前が湖」のロケーションを存分に使ってアウトドアを楽しめます。

真夏でも夜は涼しくエアコン不要

白浜荘オートキャンプ場の夜

今回はお盆の時期に行きました。
私のキャンピングカーは家庭用エアコンがついているのですが、バッテリーに不安があります。
ずっとつけっぱなしでいられるほどの容量はなく、残量を気にしながらのキャンプとなります。
(電源付きのBサイトを選べばいいんですが、湖畔が良かったので。。。)

昼間は暑くて、心配していたのが夜の時間。
なんと、湖畔は涼しい!

天気データを見ても、市の中心部の気温しか出ていないので参考にならないのですが、湖が目前で松林の中になりますので、データ以上に涼しい時間がありました。

テント泊でも、比較的快適に過ごせそうです。

夜は涼しくても昼間は暑い。。。
扇風機を一つ持っておくと安心です!
値段は3,000円以下でしかも充電式。電源サイトでなくても大丈夫です!

絶景で夏以外でも楽しめる

白浜荘オートキャンプ場の朝日

白浜荘オートキャンプ場のもう一つの魅力は、景色。

「日本の渚100選」に選ばれているそうで、空の青と湖の青、浜の白と松林の緑のコントラストが美しい。
また、夕日が松林に沈んでいく風景や、朝夕のマジックアワーの空も素晴らしいです。

そして、天気が良ければ満点の星空が見れます。
光が少ないのと空が広いので、360度の大パノラマ。

景色だけでも、行く価値はありますよ!

大阪、京都、神戸から便利なアクセス

白浜荘オートキャンプ場入口

大阪からは名神京都東I.C-湖西道路・R161経由で約1時間30分。
名古屋からは名神米原I.C-R303・R161経由で約2時間。
「ちょっとドライブ」の距離に位置します。

来場している車のナンバーを見ていても、京阪神が7割。
姫路の方から来ている人もいました。

名古屋方面は少なかった印象です。海に行くのかなぁ。

我が家のような関東などの遠方は少ないので、関西の手軽なキャンプ場という感じです。

ちなみに徒歩では行けませんが大通り沿いにスーパーがあるので、現地で買い出し可能です。

キャンピングカーも入場可能(6mまで)

白浜荘オートキャンプ場入口

キャンピングカーが入場不可のキャンプ場は少なくありません。
そもそもオートキャンプ場ではないところは無理ですし、視界を遮るからかどうか、理由は分かりませんけど。

この白浜荘オートキャンプ場は、キャンピングカーについて記載があります。

6m前後のキャンピングカーまででしたら問題ございません。高さは3.5mまで可能です。
但し、平均的なサイトは6m×11.5m 縦長になります。その為、タープ等をさらに持ち込まれる場合はもう一区画予約頂く事をお勧めいたします。
*必ず予約要望欄にキャンピングカーでの利用とご記入をお願いいたします。
※6m以上のトレーラー・キャンピングカー・牽引は入場口が出入り【難】の為、当キャンプ場は利用頂けません。

公式サイトより引用

多くのキャンピングカーは6m未満となりますので、制限に引っかかる人は少ないのかな?

入場してみると分かりますが、通路は狭く、出入り口は急勾配
制限がある理由は合理的です。

こんないいキャンプ場がキャンピングカーでも楽しめるのは嬉しいですね。

白浜荘オートキャンプ場の残念なところ

賑やかな白浜荘オートキャンプ場

正直あまりありませんが、強いていえば若者が多くて賑やかなところ。

キャンプは手軽なレジャーで、しかも湖水浴を楽しめるシーズンはかなりの人気。
レンタカーを借りて来る若い団体キャンパーさんがいます。

予約は2サイトまでとなっており、それは守られているんだと思います。
でも、1サイトで大人数いることもありますので。。。

目の前はプライベートビーチではありますが、境界線はないです。
合宿を行える宿舎も近いため浜辺には学生も多く、賑やかです。

静かにキャンプをしたい人には、夏のハイシーズンの来場は向きません。

我が家の楽しみ方

実際に8月のお盆時期にキャンピングカーで行ってきました。
子どもは湖水浴で存分に遊び、大人は片方で見守りつつもう片方はサイトでゆっくり。
贅沢な時間を過ごせました。

16:00:受付

白浜荘オートキャンプ場Aサイトとキャンピングカー

早く湖水浴をしたい子どもに散々急かされながら着いたのが16時。
対岸の彦根からなので意外と時間がかかりました。琵琶湖広い。。。
一番暑い時間はいるだけでしんどいですし、夕方到着がベストかと思いましたが、連泊で何日も滞在される人も多いようです。

受付は料金所形式。ハイシーズンだけかな?
130サイトある大きなキャンプ場なので、オペレーションは洗練されています。

場所によっては自転車で先導して案内してくれるようですが、今回は入り口付近だったので徒歩で誘導。
A区画を予約していたので湖畔。その中でも端っこを指定されました。

16:30:湖水浴

琵琶湖で泳ぐ女の子

見ての通り、Aサイトの後ろは琵琶湖!
準備をしている最中、次女は「早く泳ごう」とずっと急かしていました。
ようやく、チャポンです。

海水ではないので当たり前ですが、水がベタベタしないのが嬉しい!
でも、湖底から草が生えている箇所があり、絡みつくのはちょっと不快
草が呼吸をしているのか、気泡が上がってくるのは面白いです。

このキャンプ場の特徴だと思いますが、近くにスポーツクラブ?部活?の合宿ができるような宿があり、若者が多いです。
キャンプそのものも、若めのグループが多い印象。
飛び込み台が賑わったり、ワイワイとした感じです。

だからと言って、家族連れが過ごしにくい感じではないです。

18:30:夕陽を見ながら乾杯

湖畔でビール

結局、1時間半くらい湖水浴を楽しみました。
子どもも満足してくれたみたい。

この白浜荘オートキャンプ場は、夕陽がとても綺麗。
ビールを片手に、景色を楽しみます。

19:00:星空の中で夕食

湖畔で焼き鳥

この景色の中で食べる夕食がおいしくないわけがありません。

焼き鳥でスタートして、焼肉に入る予定が、思いのほか焼き鳥を買い過ぎました。。。
ほとんど焼き鳥でお腹いっぱいになり、ホタテを焼いて終了。

我が家で使っているのは炙りや。
炭を起こす必要がなく、箱から出せば即バーベキュー可能!
パーツが分離できるので、片付けも驚くほど楽なんです。

Iwatani
¥6,290 (2023/08/22 05:29時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

湖の対岸、二ヶ所で花火大会をやっているサプライズが嬉しい。

琵琶湖の星空

そして、暗くなってくると満点の星空
これがあるから、キャンプはやめられない!

ちょっとした難点は、花火をしている若者が多いこと。
若者ですから、それなりに賑やか。
22時以降はクワイエットタイムですので、マナー違反ではないです。
でも、静かなキャンプを楽しみたい人には夏のシーズンは向かないでしょう。

翌朝4:50:朝のマジックアワーの空

琵琶湖のマジックアワー

この白浜荘オートキャンプ場から日の出は見られません!
夕焼けが見えるところで日の出は見れないのです。反対方向だから。

琵琶湖のマジックアワー
琵琶湖の朝

左の陸側、木の中から太陽は顔を出すことになります。
だんだんと変わっていく空と湖の色、息を呑むような美しさです。

6:30:ホットサンドで朝食

ホットサンド成功

キャンプの手軽な朝食といえばホットサンド。
パン二枚の中に好きな具材を入れて、ホットサンドメーカーでプレスして焼けば、立派なメインが出来上がります。

今回はウインナーと千切りキャベツを入れてプレス、、、

失敗したホットサンド

様子がおかしい。。。

最初に作ったホットサンド、上のパンを入れ忘れて失敗しました。。。
味は美味しかったのですがね。
次女は喜んで食べてくれました!

失敗ホットサンドを食べる少女

キャンプグッズを無闇に増やすのはお勧めしませんが、ホットサンドメーカーはオススメ。
パンを2枚、その間に好きな具を挟んで焼くだけで、立派なアウトドア飯が完成!
アイリスオーヤマのは手軽ですし、好きなブランドのものでも手軽に買えます♪

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,980 (2023/08/22 05:32時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

7:30:再び湖水浴〜意外と水は綺麗だった!〜

琵琶湖で湖水浴

子どもは前日の1時間半の湖水浴が楽しかったようで、朝も泳ごうと!
最後まで楽しむことを腹に決めて、一緒に遊びましたよ!

琵琶湖の透明度

驚いたのが湖の水の透明度!
前日はかなり混雑していたので足元は見えなかったのですが、人にかき混ぜられていないと驚くほど透明でしたよ。
ある程度の深さまでいっても、湖底が見えます。

次女のお気に入りはジャンプ台!
最初は恐る恐る入っていたのが、だんだん慣れてきたみたいで、最後は走ってジャーンプ!
こういう小さな成長と達成感が得られるの、アウトドアならではですね。

9:30:撤収

キャンピングカーの後片付け(ジル520のサイドオーニング)

楽しかったキャンプはあっという間に終わりを迎えます。

キャンピングカーなので、サイドタープをしまうだけで片付けは終了。
ゴミも一袋は引き取ってくれるので、長旅の途中で寄っても安心です。

テントの片付けがめんどくさい!
帰ってからメンテナンスするのが面倒!
そんなあなたにオススメなのがレンタル。
手軽な価格でしかも送料無料!
気楽にキャンプを楽しめます♪

施設概要

白浜荘オートキャンプ場の施設概要は以下のとおりです。

白浜荘オートキャンプ場
住所:滋賀県高島市安曇川町下小川2300-1
電話:0740-32-4333
チェックイン/アウト:13:00/12:00
料金:別途参照
駐車場:近隣に駐車場あり
URL:https://www.heianjingu.or.jp/index.html

料金は以下のようになります。

A区画B区画
レギュラーシーズン6,000円5,000円
休前日・休日レギュラー9,000円7,000円
ハイシーズン11,000円9,000円

結構段差が設けられていますが、人気のあるサイト/時期は高額になるのは賛成です。
おかげで、一番いい時期でも直前予約が取れました。

設備

設備は新しくはないですが充実しています。

管理棟

白浜荘

管理棟は、白浜荘の建物。
キャンプをしない人は、ここで宿泊することもできます。

\楽天経由の予約でポイント1%/

ベストシーズンは混雑必至!空き情報のご確認を

いい景色を楽しみつつ、気楽な宿滞在も魅力的ですね。

他のキャンプ場と同様、薪やカセットボンベなど簡単なものは売っています。

炊事場/トイレ/コインシャワー

白浜荘オートキャンプ場のトイレ

炊事場は小規模のものが12ヶ所。
陸側のB区画からは近くにあるイメージです。

これは利用客のマナーのせいではありますが、詰まりが多めの印象。
食材のゴミは、三角コーナーに捨てましょう。

トイレは清潔。
ウォシュレット完備なので、家のように快適なキャンプが過ごせます。

コインシャワーは一回300円で3分。
女性は準備してプランを考えてから使わないと、洗いきれないかも!

まとめ

白浜荘オートキャンプ場A区画

白浜荘オートキャンプ場の魅力と、実際の過ごし方(キャンピングカーの場合)でした。

・綺麗な景色で湖水浴
・真夏でも涼しい夜
・便利なアクセス

ここを選ぶ理由はたくさんあります。

泳げる湖は結構貴重ですし、サイトからすぐに泳げるのも便利。

楽しいことたくさんの白浜荘オートキャンプ場へ、ぜひお出かけください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次