Jackery 1500 どこまで家電製品に使える?自宅編(防災/地震への備え)

Jackery 1500(PTB151)が我が家に来ました。

目的はキャンピングカーのサブバッテリーを補助すること。エアコンを数時間稼働させるのが目的です。
Jackery 1500、旅の前に自宅で実験編です。

充電編はこちら。

目次

Jackery 1500開封

Jackeryは購入から発送までがめちゃ早い。
土日でも発送してくれるので、日曜日に注文して月曜日に来ました。
あまりの早さに驚きです。

ダンボールは専用品でしっかりしたもの、Jackery 1500はカラーの箱の外にダンボールの箱があって丁寧です。
中身は、Ace1500本体とケーブルが入ったポーチ。

Ace1500本体もポーチもおしゃれなので、所有する満足感があります。
模造品が出回っているのも、デザインの良さの証だと思います。

専用の箱で到着(長細いのはSolarSaga 100)
おしゃれな外箱が嬉しい
Ace 1500とポーチ

到着時点での電池残量は42%でした。

身近な家電をJackery 1500で動かしてみる

■MacBook Pro
20%から100%までで6%使いました。これならいくらでも使えますね。

■ティファールの電気湯沸かし器
1Lのお湯を作りました。
最大1200W超で2分ほど稼働。4%も使いました。

実験以外でもMacはAce 1500で充電しています
お湯も沸かせます。

ホットプレートを動かしてみる

これはびっくりするほど電気食いました。
96%の状態で開始。メニューはお好み焼きです。
温度は250℃。ホットプレートの最大です。
お好み焼きは200℃が適温らしい。知りませんでした。

96%でスタート
普通に焼けるお好み焼き
30分250℃で使用した結果は57%

1300Wという見た事のない数値を叩き出し、インバーターのファンが結構うるさいです。
でも、出力はちゃんと出ていて、お好み焼きがちゃんと焼けます。

30分使った結果は57%。30分で約40%の消費。
つまり、75分使い続けられるという事です。そんな人はいないか。

家庭用エアコンは何時間動くか?

真打、家庭用エアコンです。
これが動かないと、キャンピングカーように買った意味がありません。

6月某日。夕方だけど外は28℃くらいの時間にスタート。
部屋は6畳の子ども部屋。温度設定は25℃。99%からのスタート。

スタート直後の最高値
普通の6畳用エアコンです
30%くらい減りました

電源を入れても動き始めるまで少し時間がかかりましたが、マックスで640Wまで上がります。
エアコンが頑張ると、Jackery 1500の音も上がる感じ。うるさいです。

ただ、エアコンはずっとフルパワーで動くわけではありません。
温度に合わせて強弱をつけるので、電池の減りも時間にそのまま比例するわけではありません。

一旦冷えたら、残量が減るペースは鈍化します。

結果は1時間半使って約30%の消費。

キャンピングカーで使うことを想定すると、エンジンをかけている間に思いっきり冷やす。
冷えている状態からJackery 1500に引き継げば、5時間くらいは稼働するでしょう。

サブバッテリーからDC電源を供給しながら稼働させれば、6時間くらい動いてくれないかと淡い期待をしています。

こちらにまとめてます

まとめ

Jackery 1500を使って色々な家電製品を動かしてみました。

ホットプレートは電気食い過ぎでしたが、これだけ色々なものに使えると、キャンプではもちろん、災害時にはかなり役に立ちます。

Jackeryは有名メーカーですし、公式サイトで買えば保証も二年間あるので安心。

Jackery 1500は割高ですが、もう少し小さいJackery 1000は10万円ほどで買えますし、おすすめですよ。

■価格比較やってます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンピングカーZIL520(ジル520)に乗る4人家族のお父さん。
家族4人で分割日本一周中。
子どもが独立したらキャンピングカーで旅しながら働くために日々奮闘するブロガー。Twitterで更新の案内をしているのでぜひフォローを!
趣味はF1とドライブ。

コメント

コメントする

目次
閉じる